ことなかれ

あたりさわりのない日々の記録

どこでもドアの危険性

だいたいね、ドラえもんってのは、のび太程度の中流階級の人間が

頑張れば購入できるような価格帯のロボットであって、

そのごくありふれた汎用猫型ロボットの

ポッケにプリインされているようなツールが、そんな高級なはずはないでしょう?

ほら、見てよ、どこでもドアの色。ピンクて。

どう考えても廉価版の色じゃないですか。

5CじゃないですかiPhoneで言ったら。5Sじゃない方のやつじゃないですか。

誰が好き好んでフラグシップ商品の色をピンクにします?

しませんよね。

だから、あれ、機能制限がかかってると考えていいわけ。

あ、ここまで大丈夫?ついて来れてる?来れてるの?ねえねえ。

という。まあ、あれなんですけど。

いやね、この前会社の若い男子と2人で移動する機会がありまして、

休日彼女とどんな話ししてんのー?とか、

そういう当り障りのない話をなんの気なしに振ってみたんですけど。

あろうことかその男、

休日彼女と「ドラえもんのどこでもドアが本当にあったらどうする?」などという

けしからん話題で盛り上がってると言うじゃないですか。

あー。これアレだ。

えー、やっぱりハワイとか行ってみたーい。

こらこらー、ハワイなんていつでもつれてってあげるよー。

うそーやだーうれしー。きゃっきゃっ。

とかの!

とかのやつじゃないですか!

はあ!?ふざけんじゃねえと。

そう簡単にハワイなんて行けるわけねえだろと。そうはさせるかと。

どこでもドアなんだと思ってんだお前そこに座れ。と。

温厚で通っている僕もさすがに説教せざるを得ませんでしたよ。

あのね、ドラえもんのどこでもドアって、好きなところに勝手に行けるわけじゃなくて、

行き先をイメージできないと機能しないじゃないですか。

うまくイメージしないとしずかちゃんの風呂場に直行するご機嫌なシステムで。

なので、基本的に行った事がないところに行くのはとても危険です。

いい加減な使い方をすると海の上に出たり、崖っぷちに出たりします。

それは即、死を意味する。

だからあのどこでもドア(廉価版)は

移動先で命を守るためのその他のアイテムがあって初めて使える

恐ろしくピーキーな道具と考えた方がいいです。

きっと正規版のどこでもドアではその辺のケアもされているし、

勝手にプライバシーに関わる場所に現れるなどという単純事故は起きないような

セキュアな設計になっているはずです。

でもドラえもんのどこでもドア(廉価版)はそうじゃない。

そうじゃない事をちゃんと認識した上で使い道考えないと駄目でしょ。

ほんと、いい加減な気持ちで未来の道具使うと怪我するかんね。

気をつけろよな。

はあー。まったく最近の若者はどこでもドアの使い方も知らんのか。

と。まあこういうわけでして。

なんでか最近若い子が僕に冷たいです。

すみませんでした。

 

 

ちなみにどこでもドアで移動できる距離は10光年までと桁外れ。

ただし地球上であってもタイムトラベルなどで大陸の位置が変わっていると

行き先のイメージと合わないため使用できないそうです。

同じ理由で現在位置が把握できていない場合も使用不能。

本体は携行性が悪く、出先で持ち歩くには

4次元ポケットを持っていく事が前提となります。

ご使用の際はご注意あれ。