読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことなかれ

あたりさわりのない日々の記録

最近ようやく和らいできましたが、

とにかく今年の寒さはひどかった。

なんというか、去年は寒さの中にも優しさがあったじゃないですか。

まあ、力にはなれないけどなんかあったら呼んでね。

みたいな顔を一応してた。

それが今年はどうですか。これ。

優しさが微塵も感じられない。

一切こっちのこと見てくれてない。

去年はやってたアメとムチみたいの、全然してこない。

ムチに次ぐムチで。これでもかこれでもかと。この豚野郎と。

僕みたいなアレな人には逆に助かるくらいな感じの。やつで。

まあ。

それで、3月頭の土曜日にバイクのメンテナンスに行って来たんですけど。

しょうがないから。もう、あいつ気を許すと止まろうとするし。

もうだめだっつって。

いつも行く実家の方のショップに1時間半くらいかけて行って、

一日預けて、翌日取りに行ったら雪っていうね。

あー来たなと。ムチ来たなと。どうもありがとうございます。

つって腹くくって、心配する店員をよそに青梅街道に飛び出したんですが、

途中からあんまり記憶がありません。

小雪降るなか1時間以上走ってると、人は記憶を失うんだと思います。

あと手が冷えきって握力無くなってました。

よくクラッチ握れてたものだなあ。

危ないからもうやめよう。

どっかの映画の台詞でありましたが、

神様はサディストだってんだからもう。

逆に助かるー。