読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことなかれ

あたりさわりのない日々の記録

タクシータクシー

タクシーに乗ったんですけど。

30分後に赤坂で打ち合わせがあって。

ギリギリまで豊洲での作業に追われヤベーヤベー言って、

会社の前の道で手を上げました。

いつもはだいたいそのへんにタクシーが何台か待ってるものなんですが、

その日に限って一台も居なくて若干焦り、

渾身のちからを込めて右手を天高く突き上げましたちから関係ないですけど。

通りがかったタクシーをようやく捕まえて乗り込むや「赤坂ビズタワーまで!」と叫んだんですが。

運転手は「あか、さ、、、びずたわ?」みたいなリアクション。

ん?

ナビ使ってもいいですか?と聞くので、

え、ああ、まあ、いいですけど。つって任せたんですが、

何やら苦戦してる様子で、最終的に「無いですね」との事。

そうかー、ないかー、昨日まであったんだけどなー。

まあそういう事ってよくあるよね。

ねえよ!

つって画面見たら「あかさかびずたわ」で検索してるから。

もう説明するのも面倒になって、

じゃあもう赤坂行ってください。という事にしました。

細かいとこは着いたら言うから。

すると運転手は神妙な面持ちで、

「あか、さ、か、、、カーナビ使ってもいいですか?」という。

まさかのテンドン。

えー!?

赤坂知らないの?あり得る?それ。

どこなら知ってるの?どこから来たの?あなた誰?ここはどこ?

ここは豊洲だよ!まだ1ミリも進んでないからね!まだ豊洲だよ!

後部座席の驚愕も知らずにもたもたとカーナビをいじり続けた運転手は

案の定「あかさか、いっぱいあります」との事。

はいはいはい、そっすよねー。日本中に赤坂あるよねー。

いや全日本で検索する必要なくない?

他の県とか行かないじゃん。いまから他の県行かないじゃん!

もう降りようかと思ったんですが、

なんかあれじゃないですか、

このままだとこの人ずっと赤坂知らないままじゃないですか。

僕、もう一度このタクシーに乗る羽目になったら、なにするかわかりませんよ。

下手するとブログに書いたりしますよ。

仕方ない、ここは踏ん張りどころだ。

確かな未来を残すため、今を変えなければ。

神は乗り越えられない試練は与えないんです!戻るぜよ!あん世界へ!

つって、とにかく車を発進させて、

気を許すと誤入力されたカーナビに従おうとする運転手を説得しながら、

全ての曲がり角を指示してなんとか赤坂に到着。

がっちり遅刻しましたけど。

よし。もうだめだ。