読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことなかれ

あたりさわりのない日々の記録

瑞牆山

山にねー。登りに行ったんですけど。先々週。

なかなか取りにくい休暇を色々調整してなんとか取りまして、

ピンポイントで山梨の山荘を予約して、満を持して当日を迎えたら

台風が来ましたよね。

んー。

まあ、ちょ、いっかい忘れよう。

とにかく山荘まで車を飛ばして行ってみたんですけど、

出てきたおじさんは明らかに狼狽してて。

聞けば他のお客さんは全員キャンセルしているとの事。

えー?なになに、どうしたのみんなー。

せっかく予約したのに揃ってキャンセルだなんて。

こんなに緑いっぱいで涼しいのに。

涼しいっていうか寒いのに。

まあ、ずぶ濡れだからなんだけど。

駐車場から山荘まで油断して傘ささなかったら

ずぶ濡れになったからなんだけど。

うん。まあ。

台風来てるからね。

来てないかなーと思ったけど、やっぱり来てるからね。

台風来てる時に山荘とか、普通来ない。

それ殺人事件とか起きるときのシチュエーションだからね。

もうあれでしょ、さっき通って来た橋も落ちてるんでしょ?

電話も通じないし。そうこうしている間に一人、また一人と姿を消すメンバー。

村の言い伝え通りにお調子者から順に死んでいって、

実は全員が10年前にあった海難事故の関係者だということが分かって、

事件当初から姿を消した奴が怪しくて、

でもそいつは犯人じゃなくて、真犯人はこの中にいる!

そうよ!私がやったのよ!

いや俺だ! いえ私が! じゃあ僕も!

よーしみんなで海まで走ろう!

おー!

つって。

なんだっけ。

そうそう、それで、

まあ、とりあえず一泊して天気の回復を待って、

翌朝ちょっと小降りになったので、意を決して登ってきました。

瑞牆山

瑞牆山日本百名山のひとつにも数えられる奥秩父の標高2,230mの山。

難易度はそんなに高くないはずなんですが、

大木が幾重にも道を塞ぎ、跨げるはずの小川が濁流になってました。

そのつど工夫が必要で、

通常2時間ほどで登れる所を3時間かけてなんとか登頂。

 

 

08_o0800060011270616397.jpg

えーと、ここ渡るしかないの?

 

 

01_P5290187.jpg

山頂に着く頃には辛うじて雨も上がりました。

まあ、霧で何にも見えないんですけど。

 

 

02_P5290189.jpg

頂上は切り立った岩の上で、周囲は真っ白。

風も強く、とてつもなく心細かったのですぐ降りることに。

こえー。頂上こえー。

 

 

03_P5290194.jpg

下りでようやく晴れ間が見えました。

 

 

04_P5300236.jpg

俄然元気が出てきたので崖の上でジャンプするブーム到来。

うっすら虹も出て、はしゃぐ大人。

 

 

05_P5290202.jpg

道なのか川なのか。

 

 

06_P5290180.jpg

途中の山小屋。

 

 

07_P5300253.jpg

帰りに寄った昇仙峡。

 

 

 

など結局色々満喫できて、粘って正解でしたよ。

みんなも粘れば良かったのにね。

つって心地よい疲労感に浸りながら帰路つくべく車に乗り込んだのですが、

行きで通った道が土砂崩れで塞がってました。

忘れた頃にやってくる山荘サスペンス。

この事件は必ずこの俺がナビに頼る事で解決してみせる!

じっちゃんになりかけて!